MUC Consulting Group

インドネシアにおける信頼できるビジネスパートナー

登録税務及び関税

税務と税関

税務計画

 企業の事業計画や方針に沿って、法に則った節税対策をすることで、企業内の税務管理の効率性と改善を行います。MUCでは、企業の税負担を最小限に抑え、成長を最大化するお手伝いをする為、代替取引システムと会計処理方法の設定をします。

税務レビュー

 納税義務のある企業の税務コンプライアンスを見直し、潜在的な租税債務を識別し、税務リスクを最小化するサポートをします。税務上のデータから納税申告するだけでなく、企業の抱えているリスクや債務問題を見つけ出します。また、株式公開前の税務コンプライアンスや合併の際の税務レビューともなります。 

税務監査支援

 税務署から調査が行われた場合、企業に代わって監査請求に対応します。納税申告漏れを防ぎ、適切克つ完全な会計処理をサポートし書類等の提出漏れを防ぎます。また、過失による重度の罰金や不適切な課徴金請求をされない為の防止策となります。

税務アドバイザリー

 企業の抱える課税問題に関する継続的な相談や助言サービスです。メール、ファックス、電子メール、電話会議、または、当社のコンサルタントチームとの直接会議で行います。発生しうる税務上の問題のための最適な解決策を提案します。

納税申告の準備

 年次納税申告(SPT Tahunan)の準備と、その為の税務規則に則った定期的な納税申告(納税通知書)提出の為のお手伝いをします。

税務紛争の解決

 納税通知書に対する異議申立てをし、税務紛争解決を支援します。裁判所の決定に対して上訴し最高裁判所で税司法審査解決するためにのお手伝いをします。

 

 

税務管理

 納税番号(NPWP)や課税事業主認証番号(NPPKP)等の登録や失効、付加価値税(VAT/PPN)の管理、ルピアでの記帳、インドネシア語での帳簿管理、税務当局への対応を行います。

標準作業手順書(SOP)の設計

 これからの開発と作業の効率を高める為、現在の社内の税務状況をレビューをし、税規制に沿って設計された標準作業手順書(SOP)を元に社内の全ての税務関連の活動の指針とします。

税に関するトレーニングセミナー

 課税に関する知識やスキルを向上させる為、ローカルスッタフ向けのトレーニングセミナーを提供しています。顧客の求めるニーズに基づき目標に到達する為のご提案をします。

国際課税

 グローバルビジネスに対応する上で、国境を越えた税務規則による税負担を最小限に抑える為、当社のグローバルな提携企業と協力して、どの管轄でも同様にインドネシアの税務コンプライアンス要件を満たす事ができるよう複雑な国際税務問題を分析します。クロスボーダーな取引の為の移転価格文書、税務計画、価格設定レビュー、移転価格監査、価格紛争を解決します。

 関税コンサルタント

カスタマー・プランニング

 関税計画とは、輸出入に関わる企業の税のリスクと不確実性を最小限に抑えるだけでなく、長期的に企業の成長を加速させ、方向性を持つ財源の流れを確保することです。そして、クロスボーダー取引きを滑らかにする為のコスト削減や、コンプライアンスレベルを高め、運用効率を最大化させます。

税関システムソリューション

 税関当局が必要とする関税規制報告要件を満たす情報を提供し、関税に関わるシステムと手順を改善するサービスです。保税区、保税倉庫、輸出の為の輸入簡易措置(KITE)等、様々な税関システムに対応します。

 

物品分類

 輸出入製品の分類し、通関方法と関税率を査定します。適切な関税価値を算定することで高額な罰則の対象となることを避けます。

関税評価分析

 輸入製品の適切な関税評価を決定する為、インボイス等から輸入取引を分析します。不適切な関税評価から、税務当局の修正書の発行と高額な罰則の対象となることを避けます。

税関監査支援

 保税区、保税倉庫や輸出の為の輸入簡易措置(KITE)を利用する企業の税関監査支援サービスです。監査が行われる際に起こり得る問題を診断し、予期しない不適切なリスクを最小限にします。

税関コンプライアンスレビュー

 税関監査が行われる前に見直しを行い、企業のコンプライアンスのレベルを評価します。企業の税務コンプライアンスを維持する為、様々な検証からエラーやミスを識別し、税関管理に大きく影響する機能統制システム、経理システムや制御システム、それらに関する情報に対応します。

税関紛争解決

 税関により査定された税関監査確定通知書に対する解決支援をします。税務裁判所へ異議申立て、控訴、上訴等のお手伝いをします。

認可手続き

貿易に関わる税関等の手続きや、様々な分野の認可取得のプロセスを支援します。企業がインドネシアで貿易事業を始める前段階で必要な認可措置手続きは、保税地域、保税倉庫、輸出の為の輸入簡易措置(KITE)、金融調整庁(BKPM)と全て連動しています。

税関アドバイザリー

 企業の直面する税関に関する問題に対し継続的に支援します。最新の規制から日々起こる問題へ的確な解決策を提案します。