MUC Consulting Group

インドネシアにおける信頼できるビジネスパートナー

パイオニア産業に対し5年から10年の免税

日付 : 2013年04月16日

2011年8月15日以降、一定の規準を満たすパイオニア産業は5年から10年の法人税の免税 (タックスホリデー)が取得できるようになった。ここでいうパイオニア産業とは、広いリンケージを有し、高い付加価値と外部性を与え、新技術を導入し、国内経済に戦略的価値を持つ産業のことである。パイオニア産業に含まれる業種は下記の通り:

  1. 基礎金属産業
  2. 石油精製及び/或いは石油・天然ガスに由来する有機基礎化学産業
  3. 機械産業
  4. 再生可能資源分野の産業、及び/或いは
  5. 通信機器産業

この便宜はパイオニア産業が次の条件を満たした場合に限り供与される:

a.       当局が承認した1兆ルピア以上の新規投資計画を有する

b.      インドネシアの銀行に資本金予定額の10%以上を引当て、投資実現までこれを引き出さない

c.       2011年8月15日から12ヶ月前にあたる日以降にインドネシア法人としての承認を受けている

d.      投資の全額を実現している、及び

e.       商業生産を開始している

5年から10年の法人税免税後の2年間、一定の規準を満たしたパイオニア産業は50%の法人税軽減措置を得る権利を有する。この便宜は国内産業の競争力の維持と特定事業活動の戦略的価値を考慮した上で、財務大臣が供与の期間を延長することも可能。

この便宜を受けるためには、規準を満たしたパイオニア産業が工業大臣或いは投資調整庁長官に申請を出すこと。

<< バック